葬式に着ていく服装。

葬式の際に女性が着ていく服装は黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどのブラックフォーマル略礼服を着用します。
最近では一般の参列者であっても通夜からブラックフォーマルを着てくる方が多くなっています。
足元は黒かまたは肌色のストッキングに黒のパンプスを合わせるのが良いです、持ち物でバックなどを持つ場合は黒い色で派手な金具が付いていない物を選びます。
メイクやマニキュアは派手にせず自然な程度にします。
またアクセサリーは結婚指輪以外は身につけない事です、パールのネックレスをつける場合は、一連のものを身につけます、二連のものは重なる事を嫌う葬式では厳禁になります。
靴はエナメルの素材やサンダルまたはミュールなどは避けたほうが良いです。

リンク

小規模なお葬式は火葬式、一日葬、家族葬、一般葬儀などはもちろん、小さなお葬式の対応も可能です。全国対応でまごころのお世話をいたします。

和装専門貸衣装|KYOKANE Wedding Ginza

京都の神社仏閣で叶える和婚式-想い出結婚式-

鎌倉 鶴岡八幡宮 | 神社仏閣 | 京都で叶える和ウエディング -想い出結婚式-

最新の関連ページ一覧

日本の喪服は元々はどんな色をしていたのか、アジアの諸国で韓国や中国は白などの色が取り入れられていまし

葬式にどんな服装で臨めばいいのか

葬式の服装は遺族がいて、そこに参列する人たちが正装してくるのは故人のことを思いきちんとしてくるマナー

葬式の服装のマナー。

お葬式の服装のマナーについて、ご紹介します。
突然の訃報に慌てないためにも、社会人になったら喪

お葬式の服装のマナーについて

Copyright(c) 葬式 服装 . All Rights Reserved.